« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月18日 (水)

『ちょんまげぷりん』を観る

Cho


主演の人を見てみれば、なるほどと思うのだけど・・・
ジャニーズ映画とは思わなかったー!!(小学生時代以来のジャニーズ映画鑑賞だわよ・・・)

でも、全然ジャニーズ映画のノリじゃないのです。
エンディングはキヨシロー(さん)の唄だし、監督は中村義洋さんだし。

思った以上に良かった。こういう作品は私にとって欠かせない。

更なる感想はまた後日・・・。
(↑で取りあえずUPさせといて、更なる感想を載せない不甲斐ないパターンが続いてますが、この作品についてはそんな事絶対しませんっ!!)


【2010.08.24 追記】
湯治休養してたので、危うくいつものパターン(中途半端感想)になりそうでした。

江戸時代のお侍さんが現在の巣鴨にタイムスリップしてきた。
ひょんなことでシングルマザーのひろ子と息子の友也宅の居候となり、その礼として奥向きのこと(家事)は“タイムスリップ侍”木島安兵衛さんが取り仕切る事になる。
安兵衛さんに家事を任せて3人での生活が落ち着いた頃、風邪を引いた友也に作ったプリンがきっかけとなり、安兵衛さんはパティシエの才能を開花させる・・・


このお侍、安兵衛さんがとても魅力的なのだ。

ハンバーガー屋さんで大騒ぎする子供たち、その子供達を持て余す母親たち・・・なんだか普段でもよく目にする光景。
そこで安兵衛さんが一喝。
単に子供を叱るだけではなく、その周りまでをも喝を入れて、観ている方も何だか背筋がシャンとする。
そして気持ちがいい。

そんな所も、家事が完璧な所も、何もかも・・・安兵衛さんはとても魅力的なのだ。

子供もそんな人が傍にいれば、自然と変わっていくわけで。
(子供=友也ね、通称友ちゃん)ともちゃんが悪い子という訳ではない。

子供は親を見て育つ・・・友ちゃんが洗濯物をたたむシーンを観た時は、そういうもんなんだなぁと(話の流れ的にそうのんびり思ってもいられないシーンだったのだが)そう思ってしまった。

それ以外にも見どころというか、
コソッと笑える所も沢山あるし、ホロリとくる所もある。
お侍さんが主役なんだから、ちょっとした殺陣もあるし・・・なかなか殺陣シーンが出て来ないので、そんなのはないのかなーとヤキモキしたが。

色々と楽しませてくれます。見ごたえ大アリ。

こんなに楽しめる映画とは思わなかったので、満足度は期待以上に満足!
そして、ジャニーズ映画ならぬジャニーズ映画に「観てヨカッタ!!」と素直に感動してしまいました。

あと・・・私のお気に入りの場所がとあるシーンに!
ちょっとその辺も満足度が更に増してしまった。

安兵衛さんのお店も・・・よくロケに使われるあのお店なのでは?(違ってるかな・・・)
久しぶりにあのお店の粟ぜんざいが食したくなりました。
(これは余談の余談。)

一番食したくなったのは、安兵衛さんの手作りプリンなのは言うまでもありません・・・。
(友ちゃんが羨ましいよ~!!)






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

『インセプション』を観る

Inception

先行&公開初日を狙ってたんですけど逃してしまい、今週観て来ました。

設定があやふやだったりで、自分の中でモヤモヤするのかと思ってたら、どっこい、私はハマってしまいました。
面白かったです。
一人で観に行ったんですけどね、映画館を出る頃は色んな疑問と自分なりの解釈で頭が一杯になりました。プラス、夢ってちょっと怖いなーと思ったり。

いつも白黒ついていないとストレス溜まるのに、モヤっと感がないんですよね。
それは多分、夢っていうアヤフヤなものをネタにしたからかなー?なんて。

3階層プラス1と複雑な夢の世界と、ややこしい説明を聞き(見)逃してはいけないと結構集中しました。
けど、難しい。
字幕を追うだけじゃ何とも。。。

映画を見て英語を聞き取れるようになりたいと久しぶりに思いました。

出演陣はとても豪華でしたけど、
この作品で一番目を引いたのは、
でかプリオではなく・・・
渡辺謙さんでもなく・・・
ジョセフ・ゴードン=レヴィット。この人ばかりに目が行ってしまいました。

もやしっ子のようなイメージのこの人・・・カッコよく見えてしまったんだけどー!(夏バテのせい?)

セントアンナの奇跡、GIジョーなどの過去出演作品でもこの人を観ているようだけど、全く記憶にございません。
(500)日のサマーでは予告時点で「この人、ちょっとダメ」と思っていたのに・・・役がいいのかしらん。
冷静沈着、そしてちょっと色男チックなアーサーに心トキめいてしまった。
そそられます。(笑)

やっぱり役が良過ぎると納得したいけど、でもでも
あのもやしっ子のようなお姿で、やさ男(500日のサマー)にもカッコよく(インセプション)も見えるのは彼の演技の幅ってやつではないか?

今後、ちょいと注目しときたいかも。


それからー、すみません、ノーラン監督。
一言申し上げたいんですけど。
もし続編作るんだったら、アーサー主体でひとつヨロシクです。


【追記】
かなり贔屓目で見ていたアーサーですが、
リサーチ不足とコブに怒られた時、モルや列車を連れて来ちゃったコブにそんなこと言う資格あるのか!とあのシーンに割り込んで怒りたい衝動に駆られましたよー!
・・・ホント、わたくしってばアーサーにかなり贔屓目。




| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年8月12日 (木)

『しあわせの隠れ場所』をレンタル

The_blind_side


公開時、観ておきたかったんですけどDVDになってしまいました。

実話でこんな話が本当にあるなんて・・・こういうドラマを見ると、この世の中も捨てたものじゃないと思うし、何だか温かい気持ちにもなります。

サンドラ・ブロック演じるリー・アンのキャラクタがとても魅力的。
彼女の家族が皆素晴らしいのは、このママあってのあの家族なんでしょうな。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

『ソルト』を観る

Salt


久々の姐さん、カッコよかった~!

ボーン・シリーズのような感じでアクション満載のスパイ映画。
そして美しく、超人的に強い主人公を姐さんが演じるとなれば、面白くないワケありませんです。
(次の展開、先が見えてしまう感じなので、ボーンを超えるほどではありませんが、でも面白かった。)


何だか続編を期待してしまうようなラストでしたが・・・続くの?!
まさか3部作とか???

続き、観たいなぁ。今からとても期待してしまうー!!

【追記】
金髪、黒髪・・・私は黒髪の彼女が好きだな。




| | コメント (3) | トラックバック (1)

8月公開の観たい映画 2010

8月はコレ!と思えるものがなく、7月公開でまだ見ていない作品の方が気になります。
チェック洩れがあるかもしれないくらい、いつもより選んだ数が少ないかも。

多少なりとも気になるのは、この5作品。


8/14(土)公開
『ベスト・キッド』
ジャッキー・チェンを師匠役に迎えた、ヒット作「ベスト・キッド」のリメイク

『ヤギと男と男と壁と』
ジョージ・クルーニーなど豪華スター共演、実在した米超能力部隊を実写映画化

『瞳の奥の秘密』
2010年アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞のアルゼンチン映画

8/21(土)公開
『東京島』
木村多江主演、23人が漂着した無人島で唯一の女性が新たな自分に変わる物語

8/28(土)公開
『トイレット』
「めがね」の荻上直子監督による、母を亡くした兄弟3人と祖母による家族ドラマ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月公開で気になるもののまだ観ていない作品。
『インセプション』
『ソルト』(鑑賞済)
『プレデターズ』
『ちょんまげぷりん』

8月公開作品よりも、この4作品を優先して観てしまいそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【【 先月のおさらい 】】

7月に劇場鑑賞した中での順位付け。

1.オーケストラ!
2.ブライト・スター いちばん美しい恋の詩
3.ぼくのエリ 200歳の少女
4.ゾンビランド
5.アイアンマン2

1位は文句なしのオーケストラ!です。
ヨカッタなぁ・・・
ブライト・スターもプラトニックでとても美しい映像の作品でした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »