« ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン | トップページ | 木曽路を歩く (1日目松本) »

2010年9月14日 (火)

『96時間』をレンタル

96時間 [DVD]

最初は侮ってしまったけど、結構真剣になって観ちゃった。

元特殊工作員(?)だった中年のおじさんが、旅先で誘拐された娘を救出すべくパリ中を駆け回るアクション作品・・・と、
そんなあらすじを見て、お気軽気分で見てみると・・・
最初は父親としての過保護っぷりに娘ともどもウンザリしかけたけど、娘が人身売買組織に誘拐されてしまうシーンからは衝撃と展開の早さに驚きつつ、真剣になって観てしまいました。

このおじさん・・・父親が容赦なさすぎで恐ろしい!

しかも僅かばかりの手がかりで的確に誘拐した相手を突き止めるので、敵にしてみれば恐ろしく、味方ならばとても頼もしいのだが、徹底して容赦がないのだ。

人身売買も現実にありえる(ある)話だし、至る所で身震いしてしまった。

そんな状態で緊張したまま見続けたので、ちょっと疲れたかな。。

一応、めでたしめでたし的なエンディングだけど、
「容赦なさすぎて報復とかないのかな?フランスの元同僚辺りから話が洩れて・・・とか」等々、何だかモゾモゾっとした心配をしたりも。

あと、娘・キムの友人アマンダの行く末が(旅先ということもあり、かなり浮かれてはいたが)あまりにも気の毒。結構観ていて辛かった。


【追記】
コレを観てしまうと、旅をするのが怖くなる。
今週夏休みを取る予定なんだけど、旅に出ようか止めようか本気で躊躇してしまった。





|

« ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン | トップページ | 木曽路を歩く (1日目松本) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/49425253

この記事へのトラックバック一覧です: 『96時間』をレンタル:

« ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン | トップページ | 木曽路を歩く (1日目松本) »