« 『ヤギと男と男と壁と』を観る | トップページ | ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン »

2010年9月12日 (日)

『ベストキッド』を観る

Bestkid

普通に楽しめました。
・・・と言いつつ、必要以上に涙したりして。(笑)

母親の転職で、デトロイトから北京に引っ越して来たドレ(ジェイデン・スミス)は、言葉や文化がまるで異なる環境の違いから、いじめに遭ってしまう。そんなある日、ドレはカンフーの達人であるハン(ジャッキー・チェン)に出会い、カンフートーナメントに向けて猛特訓を開始する・・・

オリジナルのペンキ塗りのように、主人公が無意識のうちにカンフーの鍛錬を積んでいる所が面白いです。

初々しいラブも盛り込まれているせいか、ちょっと長いけど時間の長さは全く感じさせなかったし。

主人公が心身ともに成長していく様子や、友情に近いような繋がりの師弟関係を見ていると、何だか涙が出て来ちゃったんですよね。(ちょっと泣き過ぎたかも・・・^^;)


ちょっとですね、
設定が少し不満といいますか。。
いじめっ子達はカンフーの本場の中国の道場の子たちで、その師匠がオリジナル(のコブラ道場だったけ?)の道場主よりもタチが悪い。非道極まりない。
本場があんなんでいいのかなぁ・・・?
(ということで、私はオリジナルの方が好きだな。)

それにしても、カンフー道場の黒い先生がどうしてあそこまでダークサイドに堕ちてしまったのか、その辺が気になってしまいます。

トーナメント後のいじめっ子たちの態度はとても清々しかったので、ジーンとする!

【追記】
渋谷(ヒューマントラストシネマ)まで観に行ってしまいました。
同ビル内にあるgreen grillが気に入っているので、たまにここで映画を観て&green grillで食事をします。
数種類の野菜を選びながら盛り付けてくれるサラダが美味しい・・・ちょこっと珍しい野菜も入っているし。

ヒューマントラストで映画を観た後にチケット半券を持参すると、お食事代が10% offになるとのこと。
・・・うわー、今の今まで知らなかった!!






|

« 『ヤギと男と男と壁と』を観る | トップページ | ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/49425221

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベストキッド』を観る:

« 『ヤギと男と男と壁と』を観る | トップページ | ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ/セカンドシーズン »