« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』をレンタル

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (ベストヒット・セレクション) [DVD]

カントリー・ミュージシャンのジョニー・キャッシュの伝記映画。

・・・といっても、私はジョニー・キャッシュの存在をよく知りませんでした。
ホアキン・フェニックス目当てでレンタルしたようなものだったので、これを観て初めて彼の存在を知りました。
100以上のヒット曲を出したりと、米音楽史において語るに欠かせない人物なんですね。


ジョニー・キャッシュの幼少時代から伝説的なジューン・カーターへのプロポーズまでを描き、主演のホアキン・
フェニックスとリース・ウィザースプーンは作品中の歌をすべて自分達で歌っているそうです。

意外にリース・ウィザースプーンって歌が上手いんだなぁと思った。

ホアキン・フェニックスはお顔が好みではないのだけど、何気にカッコ良く見えちゃって、惹き込まれてしまった。(カッコいい・・・)
「伝説」と言われているらしいステージ上でのプロポーズシーンが一番トキめいてしまった。

憧れの存在から身近な存在になって、40回もプロポーズを経ての「伝説のプロポーズ」・・・ちょっと素敵。


・・・少し前に見たので、こんな感想しか残せませんが、何か思い付いたら追記します。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

『エクリプス  トワイライト・サーガ』を観る

Eclipse


トワイライトシリーズの3作目。
一作目に大ウケしてしまったので、結構楽しみにしている作品のひとつです。

3部作完結で今回が最後かと思ってました。
なので、終わり方がどうにもこうにも中途半端でムズがゆく・・・後日調べたら、まだもう一作残ってるみたいです。

それを知ってムズがゆさが一旦引きました。^^;

感想は毎回ほぼ同じです。
少女マンガチックな三角関係にゾクゾク。
あのもどかしさにゾクゾク・・・です。

1作目はあの少女マンガチックな内容に新鮮味を感じたけれども、今回は特に・・・ないかな。
とにかく次回作が最後なので、それを見届けたいかと。

あぁ、それと、
今回はジャスパーとロザリーがヴァンパイアになった経緯が分かったのだけど、どうせなら次回作でもその他の人の経緯を知りたいな。


【追記】
余談ですが、私はあからさまに寒さ強い人にトキめくみたいです。
レゴラスさま然り、ジェイコブ然りです。
狼族のジェイコブ、あの吹雪でいつもの半裸姿でケロリとしている所にトキめいた!
(とはいうものの同じ場所にいながら、寒さ感じずのエドワードはあからさまな様子ではなかったので、全くトキめかなかった。)

・・・前にも残したけど、エドワード役の人の魅力がどうもよくわからん。
何故にあんなに人気者なのかしらん?


【追記2】
アリスは今回もカワイイ・・・。
髪型を真似したくなってしまう!




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月23日 (火)

『小太郎の左腕』を読む

小太郎の左腕
小太郎の左腕 / 和田竜 著





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

草津温泉 と 地球屋(のドーナツ)

今年2回目の草津温泉です。
硫黄泉が結構きついので、この時期からお湯に浸かると湯上りには手の内側が少しカサッとというかモサっとした感じがする。
でもお湯はいいので結構好きです。

紅葉の方は既に終わってしまっていて、通り過ぎただけの八ツ場ダムの辺り(吾妻峡という所)の紅葉は丁度見ごろで目の保養になりました。

草津や伊香保(榛名)に行く際に立ち寄るお店があります。
地球屋というお店。
メインはつるし雛の材料の古布ハギレや服などを売っているんですが、お菓子が美味しいんです。

中でも去年あたりからから販売開始となった「焼きドーナツ」のファンです。
都内の焼きドーナツを数店舗食べ比べたけれども、どのお店よりも好みです。

草津店の方はドーナツお持ち帰り対応をしてなかったんですが、今回聞いてみたら在庫があれば対応しますとのことだったので、お持ち帰りしました。

\120~\350くらいまで色々あり、個人的には\150台のドーナツに好きなモノが多い。
「塩トマト」「イチジク」等々・・・久しぶりにHPをチェックしたら 焼きドーナツのページ があった!

伊香保(榛名)店はお取り寄せも出来るので、たまに電話して注文してます。

ドーナツの他にもケーキ・クッキー・焼き菓子があり、全制覇してないけどハズレはないだろうなと思う。
ニュートンのなんとか(ど忘れ!)っていう林檎ケーキもお気に入りです。


ついでにお茶して帰りました。
落ち着いた雰囲気でお茶が出来ます。

20101114_cimg2672_2
ここから階段を上がって、
↓の建物に入った奥に喫茶室があります。
20101114_cimg2671





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

『ダウト 偽りの代償』をレンタル

ダウト~偽りの代償~ [DVD]

名優マイケル・ダグラスが検事に扮する社会派法廷サスペンス! 百戦錬磨の敏腕検事 VS 若手ジャーナリストが法廷の正義を賭けて熾烈な頭脳戦を繰り広げる!!


どんでん返しアリだけど、左程のインパクトはなかった。
M・ダグラス出演とあったのでどんな役柄かなと思ったら、ただの悪役レベル。
もっと手が込んだ悪役なのかなと思ったので、ちょっと物足りなさを感じてしまった。

主役の人とヒロイン役の人は知らない人だったので、地味な雰囲気も感じたりもして。


・・・感想があまりにも少ないので余談。
M・ダグラスといえば、これから公開予定のウォール・ストリートにちょっと期待。


【追記】
ウォールストリートは来年、2011年2月4日公開。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

『処刑人II 』をレンタル

処刑人II [DVD]

神の声に従って悪を退治する敬虔な殺し屋兄弟の活躍をポップな語り口で描き、熱狂的な支持を受けたバイオレンス・アクションの続編。イケメン兄弟にふんするパトリック・フラナリーとノーマン・リーダスのクールな魅力も健在。


またまたドンパチ系です。
シリアスな作品も観たいけど何だか気分的にそういうのを避けているみたいです。

これはだいぶ前に会社の派遣さんからおススメされました。(多分、ドンパチものでおススメ頂いたかと。)

本当は「処刑人」から観た方が良かったのかもしれないけれども、「2」からでも悩むことなく観れます。
が、いきなり場面転換するので、ついていけない時が2・3度ありました。^^;

タイトルが「処刑人」なので、お笑い無しのクールな内容かと思ったら、ちょっと妙なお笑いが入るんですね・・・個人的にはクールに徹した方がこういう内容の場合だったら好みなんだけどなぁ。
でもこれはこれで、この作品ならでは個性のだから、まぁいいか。

ピトピチのフレッシュな若手ではないけど、イケてる系な主役のお二人。
私はノーマン・リーダスが好みかも。

出来れば年内に「1」の方も見ておきたいな。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

『シューテム・アップ』をレンタル

シューテム・アップ [DVD]

またまたドンパチもの。
撃って撃って撃ちまくるが、何だかゲームちっく。
人がドンドン撃たれて倒れていくんですが、ゲームちっくなのでリアル感はありません。

・・・空中ドンパチとか、ホント漫画みたいでリアルじゃないから半分笑えてしまいます。ありえないー。^^;

80分台とコンパクトな時間で飽きる事もなかったし、内容がそんなに深い描写もないので気軽に見れました。

・・・ドンパチしながら赤ちゃんを色々連れ回してたけど、絶対首がおかしくなってるはず。
扱いヒドイよー!!(でも、ゲームちっくなのでリアル感はない)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

『24 -TWENTY FOUR- シーズン5』をレンタル

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

先週はシーズン4に引き続き、シーズン5もまとめ借り!
遅咲きでハマってます。

前回の中東テロリストのマルワンも手ごわかったけど、今回のロシア版も手強いし裏ボスも複数いたりで毎回ハラハラ・・・。
止められないったら止まらない。
ダメですねー、一度見てしまうと先が気になって歯止めがききません。

何と言っても、このシーズン5は一話目で(いつにも増した)衝撃度合いで始まり、それがもう半端ありません。
私も衝撃を受け過ぎて脱力しちゃいました。
主要メンバーが2人もお亡くなりになるんですもん。未だにショック。。
好きだったのに・・・パーマーさん。個人的にはいつまで経っても「大統領」と呼びたいくらい。

あっちの大統領(現大統領)はただの小心者かと思ってたらブラックなことをやらかしていたので、そんな事も出来る人物だとは!とビックリした。

今回はアダルティな3人組(大統領夫人、アーロン、ノビック)が個人的に心トキめきました。
大統領夫人は意外に頑張るし、護衛のアーロンは渋カッコ良く見えたりも。
眉間にシワなお顔状態のマイク・ノビックに心トキめく方向でゾクゾクしたり・・・。
(ツルツルおじさん二人にトキめいてしまった!!)

ナニゲに親近感湧いたのがクロエ。
皆、感情コントロールが出来ている中、クロエちゃんだけが人として当たり前の感情を表してた所に初めて彼女の親近感。最初は「融通利かぬ人だなー」とイライラした時もあったけど、今ちょいと好きかも。。
あの中では一番人間味あるのかな・・・。

=======================================
また今回も一話ごとの“見てすぐ”感想
=======================================
Disc-1
第1話 7:00-8:00
…開始早々ショッキングな出来事のオンパレード。衝撃すぎて脱力。
第2話 8:00-9:00

Disc-2
第3話 9:00-10:00
第4話 10:00-11:00
…空港テロを阻止すれど、まだ序盤。

Disc-3
第5話 11:00-12:00
第6話 12:00-13:00

Disc-4
第7話 13:00-14:00
第8話 14:00-15:00

Disc-5
第9話 15:00-16:00
…大統領、いつまでたってもダメダメだ。夫人が頑張ってる!
第10話 16:00-17:00
…ジャックの元上司(P・ウェラー)ってば、やっぱり。

Disc-6
第11話 17:00-18:00
…エドガー!ショック。
第12話 18:00-19:00
…リンまでもー!ぽっちゃり系が減った。

Disc-7
第13話 19:00-20:00
第14話 20:00-21:00
…オードリーがまさか!ガセであってほしい。

Disc-8
第15話 21:00-22:00
…セクハラお嬢さん、お手柄だけど変人?
第16話 22:00-23:00
…大統領!かなり驚いた。

Disc-9
第17話 23:00-24:00
…次は黒幕との対決。とばっちりの銀行支店長が可哀相。
第18話 24:00-1:00

Disc-10
第19話 1:00-2:00
…CTU現局長カレンがまともな人でホッ。
第20話 2:00-3:00
…大統領もうやめてくれっ!ノビックの眼光鋭い顔にゾクゾク。

Disc-11
第21話 3:00-4:00
…大統領に新しい下僕が。あーぁ。
第22話 4:00-5:00
…アーロン、何気にカッコイイ。

Disc-12
第23話 5:00-6:00
…夫人とアーロン、イイです!ジャックが大統領に手加減なしとは、どんなんなるの!
第24話 6:00-7:00
…夫人、よくぞ頑張ってくれた!エドガー遺品写真でしんみり。ってかチャイナ再び?!

==================================


チャイナ再び!のビックリで次シーズンに続く・・・です。
ジャックの無事も気になる所ですが、死亡扱いのトニーがどういう過程で(既に半分見てしまった)シーズン7へ至るのか。トニーの行方が凄く気になる!!!

次に見るべきシーズン6は少し間を置いて、今月下旬あたりにまとめ借りしようと思います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

『ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~』をレンタル

ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ [DVD]


相棒に気をつけろ! モーガン・フリーマン×アントニオ・バンデラスが贈る、予測不能のエンターテイメントムービー!!


モーガン・フリーマンとアントニオ・バンデラス共演+秘宝なんたらというタイトルなので、ワクワクしそうな内容かなと思っていたら期待以上のものではなかった。
一応、二重三重のお騙しが入っているのだけど・・・そんな大げさなお騙しではないので、盛り上がりに欠ける感じだった。

内容が個人的に合わないのか、“うつらうつら”が5回くらい続いたので内容もよく把握してなかったから「盛り上がりに欠ける」と思ったのかもしれません。

24シーズンⅤの箸休めとして見たんですが、これなら箸休めせずに24に集中しとけばヨカッタ・・・。

【追記】
個人的にアントニオ・バンデラスはセクシーで“マリアッチ”な位置づけ(特別な存在といいますか)としているんですが、この作品のバンデラスはちょっとイメージと違うんですね。
お騙しが過ぎて状況も把握しきれていないようで、本気で恋しちゃった相手に向かって「(お互いの気持ちは)嘘じゃないんだね!」みたいな爽やかな(?)確認で物語が〆る。そんな場面を見て、「違う・・・」と一人(勝手に)興ざめてしまった。

・・・苦情とかじゃないです。
感想があまりにもないので、こんなことしか感想が残せないだけ。^^;






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

『シェルター』をレンタル

シェルター [DVD]


カーラは、解離性同一性障害疾患を認めていない精神分析医。ある日、デヴィッドと名乗る男の診察を始めると、別人格が現われた。
このケースも単に彼が周囲を混乱させる愉快犯だと考えたカーラは、彼の身辺を探るうちにデヴィッドとは25年前に亡くなった故人であることが判明する。
その間にもデヴィッドの人格は次々と入れ替わり、カーラの疑念は深まっていく。
そしてカーラが導かれるようにしてたどり着いた先は、時代に葬られたいた血塗られた歴史だった…。

借りた時には↑のような詳しいあらすじを確認しないまま、ただ「サスペンス」という文字を見ただけで借りてしまいました。
・・・(私の苦手な)おっかない系でした。

最初はミステリアスな多重人格者と精神科医の心理サスペンス調な内容かと思ってたんですが、それがどっこい多重人格ではなく、おっかない方面へと話が展開していく。

(ネタバレしますが・・・)神様を信じない人の魂を集めて一人の人にどんどんその魂を詰め込んじゃうのだ。
その一人が多重人格者のように(魂の主ごとに)コロコロ豹変するのが・・・怖いんですけどー!
ジョナサン・リース・マイヤーズの演じ分けも見所かもしれませんが、演技よりも首カックンの白目状態が怖い。(丁度上の画像の下部分がまさにその首カックン状態。)

・・・ラストもおっかない系の嫌な終わり方。
怖い映画を見た後、必ず「あー・・・」と一息つくというか唸ってしまうんですが、この時もついつい唸ってしまった。


【追記】
紹介文を見直してみたら、サスペンスではなく「サスペンス・スリラー」となってた。^^;
「スリラー」の文字をすっかり見落としてました。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

11月公開の観たい映画 2010

今月は・・・必ず観たい!と思える作品がないので、映画鑑賞目標の100本鑑賞を達成すべくDVD鑑賞の方に力を入れた方がいいかな。。
あえて劇場で観ておきたい作品を挙げるとしたら、トワイライト第3弾と子供が主役の2作品(100歳の少年・・・&リトル・ランボーズ)といったところ。


11/6(土)公開
『エクリプス トワイライト・サーガ』
全世界の女性を虜にしたラブ・ファンタジー「トワイライト」シリーズ第3弾

『100歳の少年と12通の手紙』
10日間で100歳まで駆けぬけた病気と闘う10歳の少年の物語

『リトル・ランボーズ』
厳しい規律のもとで暮らす少年と問題児が映画作りを通じて友情を深めていくドラマ

『マチェーテ』
ロバート・ロドリゲス監督作。
政府からの裏切りに復讐の機会をもくろむアクション

11/13(土)公開
『ラスト・ソルジャー』
ジャッキー・チェン原案・主演・製作。
戦国時代の中国を舞台に男の友情を描く

11/19(金)公開
『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1』
シリーズ映画化第7弾の前編

11/20(土)公開
『ゲゲゲの女房』
吹石一恵・宮藤官九郎出演、無名時代の水木しげる夫妻を描く同名原作の映画化


------------------------------------------

【【 先月のおさらい 】】
10月に劇場鑑賞した中での順位付け。

1.ナイト&デイ
2.エクスペンダブルズ
3.終着駅~トルストイ最後の旅~
4.七瀬ふたたび

やっぱり気軽に観れる2作品を上位にしました。
ナイト&デイ・・・キャメロン・ディアスが可愛かったなぁ。

劇場鑑賞は4作品でしたが、DVD鑑賞の方を(いつもよりもずっと)頑張りました!

---------------------------------------------





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

『パリより愛をこめて』をレンタル

パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

ジョナサン・リース・マイヤーズとジョン・トラボルタ共演のアクション映画。
J・トラボルタの主役とは思えないいでたちに・・・あの頭とヒゲ、今までのイメージと違っていたので、ちょっと笑ってしまいました。まるで悪役です。^^;
えーっと・・・この前観た『サブウェイ123』の時もこうだったっけ?
でも見慣れると、結構似合っているなーと思ったり。

何だか思い切りのよい(派手な)ドンパチと、90分台でコンパクトに見られる内容で気軽に見れました。
仕事は完璧だけど度の超えた仕事っぷりのワックス(トラボルタ)が、あまりにもハチャメチャすぎるので、ついつい笑ってしまう。

恋人を亡くしてしまったのに、最後はあっけらかんとチェス遊びして終わる・・・嵐の後のあっけらかんは妙に小ざっぱりしてて「そんなもんか」と思ってしまう。
得てしてそういう作品って、内容をすぐ忘れちゃうんだよね。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »