« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

『メアリー&マックス』を観る

Mm


オーストラリアに住む孤独な少女と、NYで暮らす心を病んだ中年男の、手紙による交流を実話に基づいて描いたクレイ・アニメーション。

クレイ人形のキャラクタがブラックテイスト(メアリーのママがすごく怖い!!)なのだが、可愛らしいというには御幣がある?・・・愛らしいというのか、何だか味わいあります。

アニメという括りだけど大人向け。
メアリーの人生も、マックスの人生も、結構厳しいものなのだが・・・あのラスト、あの天井を観て感涙してしまった。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

『処刑人Ⅰ』と『処刑人Ⅱ』

処刑人I&II DVDツインパック【初回生産限定】

パソコン(ケーブルの?)調子がよろしくなく、自宅でパソコンを使えない時が多かったので残しておきたい記事が溜まってしまいました。
パソコンも・・・気付けば6~7年使っていたので、さすがに買替えせねばいかんようです。

あ、処刑人Ⅰをやっと見る事ができました。

去年秋ごろにⅡの方を見て、Ⅰもチェックしておきたいと思ってたんですが、ずっとずっとレンタル中が続いてまして。
激しく人気があるとは思えないんだけど・・・約半年、いつ何どきチェックしても「貸出中」。
それを会社の子にぼやいてみたら、なんと2枚セットで持っているとのことなので、貸してもらいました。

やっぱりⅠを見ないと、Ⅱの細かいことが理解できなかったから観てヨカッタです。
でも、映画の内容を楽しむというよりも、聖人兄&弟ウォッチングを楽しんでしまったんだけど・・・弟役のノーマン・リーダスはやっぱりイイですな。
特典にあったインタビュー会見映像の彼にやられてしまいました!
役を離れると別人に見えてしまった。会見時の方がいいなと思ったけど、映画の中の彼と役を離れた彼にギャップを感じてしまい、それもまた良かったり!

内容は・・・おチャラケた所もあるので、ストイックに努めればもっともっとカッコいいのになぁと思ったんですが、でもそれだけだと、何となくつまらなくなってしまうかもしれないですね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

『孫文の義士団』を観る

Bodyguardsassassins_2

ガリバー旅行記の翌日観に行きました。ガリバーは軽い娯楽作だったので、もうちょっと観た感(充実感)を味わえるような映画を観たくて、こちらを選んだ次第。

安易な気持ちで選んでしまったけれども、自分が求めていた以上の内容だったので、結構緊張してしまった。
隣に座った男の人が登場人物が亡くなるシーンで涙してた(袖で涙を拭ってた)けれども、私は涙する余裕もなくずっと緊張しっぱなしでした。

孫文を狙う清朝の暗殺集団と、彼を守る義士たちの戦い・・・その1時間の戦いがとても長く、早くこの時間が過ぎ去って(義士の誰も彼もが)生き残ってほしいと強く思いながら観つづけました。
・・・終わった時には、結構な疲労感が。
もう、あのラストはたまらんかったです。

アクションも久々にがっつり満足してしまいました。
女性受けしそうなリウ若君(レオン・ライ)が好きでした。
レゲエのおじさんから、(戦いの日には)鉄扇を持ち正装した素敵な若君にうっとり・・・





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

『ガリバー旅行記』を観る

Gulliver

CMでやっていた(敵の砲弾を受けた)ジャック・ブラックのぷるんぷるんしたお腹に魅せられ、連休中に観に行きました。

ジャック・ブラックは好きなので、お調子者で口ばっかりのダメダメ人間という役どころなのに彼を観るだけでも楽しい。

歌って踊ってお話が終わってしまう、そういうノリのライトで単純に楽しめる作品です。





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年5月 9日 (月)

5月公開の観たい映画 2011

慌ててのチェックなので、チェック漏れがあるかも・・・


5/7(土)公開
『アンノウン』
リーアム・ニーソン主演、ベルリンを舞台に繰り広げるアクションサスペンス

5/11(水)公開
ブラック・スワン
ナタリー・ポートマンがプリマの座を争うバレリーナ役を演じる心理スリラー

5/14(土)公開
『ジュリエットからの手紙』
今もなお実際に行われている“ジュリエットレター”を題材にしたラブストーリー

5/20(金)公開
『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』
ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス共演のアクション・アドベンチャー第4弾

5/27(金)公開
アジャストメント
マット・デイモン主演、SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」の映画化

5/28(土)公開
『プリンセス トヨトミ』
綾瀬はるか・岡田将生・堤真一共演、万城目学のベストセラー小説の映画化


太字は必ず観たいと思ってる作品。
ブラック・スワン、楽しみにしてたのだけど・・・最近、CMや劇場予告を見る度に少し観るのを躊躇してしまってます。(今更ながらコワイと思ってしまって・・・)

----------------------------------

【【 先月のおさらい 】】
4月に劇場鑑賞した作品中での順位付け。

1.漫才ギャング
2.英国王のスピーチ
3.ツーリスト
4.トゥルー・グリッド

漫才ギャングは単純に沢山笑ってしまったから・・・英国王のスピーチもすごく良かったのだけど、今日の気分で順位付けしてしまいました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

『医龍1&2』をレンタル

医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX
医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX

1の放送が始まったのは5~6年前は周りで結構見てる人がいたのに、私はこのシリーズ(ドラマ)って去年の10-12月で放送された「3」からキチンと見始めたんですね。
「3」だけでも見てて面白かったけど、最初っからこのシリーズを見ておきたくてコツコツレンタルして見てみました。

医療ドラマにはハズレなしというイメージがあるのですが、「3」以上に「1」&「2」が面白かったです。
原作の漫画の方と色んな所で少しずつ設定が変わっているけれども、ドラマはドラマで結構ハマります。

かつて漫画も読んだ事あるものの野口教授が妖怪のようだったので、ほんの1・2巻で読むのを止めてしまったけど、ドラマを見てから少しずつ読んでます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

安曇野&松本へ

カレンダー通りの連休スケジュールになるんですが、最初の3連休に安曇野と浅間温泉(と松本)に行ってきました。
行き慣れている松本ですが安曇野は初めてで、今NHKで放送されている「おひさま」の舞台になっているし、松本もこれから公開となる映画「岳」や「神様のカルテ」のロケで使われたそうなので、のぼりやポスター等々で結構賑わってました。

とはいえ、GWのわりには人が少なく、散策はしやすかったです。

安曇野は何だか素朴な雰囲気があり、自転車で散策するのが良いようです。
大王わさび農園、穂高温泉郷、焼きたてパン屋さん、ステキなカフェも点在していて自転車で回って4時間・・・ちょっと時間が足りなかった。

20110429_cimg2684

新宿から穂高(安曇野)まで、特急あずさで約2.5時間。
思ったより近い感じがしたので、また再び訪れようと思ってます。

水が違うんでしょうかね、やっぱりお蕎麦も美味しかった。

それから、これで4度目?くらいの松本も、リピートしたいお店を見つけたのでメモ。

【memo : リピートしたい松本のお店】
Ristoro Cocteau's
 (1,000~1,600円のランチ。連日通いくらい気に入った!)
ビストロ サンチーム
 (松本市美術館内のレストラン。思いの外、ケーキが美味しかった。)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »