« 『アリアドネの弾丸』を読む | トップページ | 『忍びの国』を読む »

2011年6月27日 (月)

『螺鈿迷宮』を読む

螺鈿迷宮
螺鈿迷宮 海堂尊

100ページほど読んでおきながら、1年くらい放置。
前記事「アリアドネ」を読んだ後に放置していたコレを思い出しました。

海堂さんの作品は、(私の場合)白鳥・田口シリーズと同じく前半はあまり波風ないし状況説明が多いのでダラダラ読みなってしまい、途中で放置し易いんですね。
でも中盤から後半にかけて面白くなる(引き込まれる)ので、残りは1日で一気読み。

全作品を制覇していないけれども、登場人物の係わり合い具合が海堂さん作品の中で一番インパクトある内容でした。前半、もっと真面目に読んでおけばよかった・・・

それにしても、あの真実はキツイな。

この螺鈿迷宮の後、天馬君が登場する本はあるのだろうか?
彼が立派なお医者さんになるのかどうか気になってくる。。





|

« 『アリアドネの弾丸』を読む | トップページ | 『忍びの国』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/52061021

この記事へのトラックバック一覧です: 『螺鈿迷宮』を読む:

« 『アリアドネの弾丸』を読む | トップページ | 『忍びの国』を読む »