« 『ゴーストライター』を観る | トップページ | おそい夏休み ~飛騨高山周辺旅~ »

2011年9月15日 (木)

『不祥事』を読む


不祥事 / 池井戸 潤


この3文字・・・タイトルにギョッとしてしまうし、
表紙も暗い。
だけど、本屋の紹介カードを見て、面白そうだと思ったので買ってみました。
作者の名前が某芸人に似ているので、一瞬その人が作者かと思ってしまった。
この方、今年何かの賞を獲った方だったんですね。(疎くてスミマセン・・・)

ストレス解消系。
どんなトラブルでも、最後は主人公の花咲舞が必ずスカッと爽快にさせて各章が終わります。

「スカッ!と感」がクセになる。読んでて楽しかった。

一番のスカッ!は、コネ入社したお坊ちゃまの回。
最後の章でも再び登場するが、どちらの話もスカッ!とする。
読後は爽快感が残るというよりも、「続編が読みたい」という欲望がフツフツ湧いてきます。

過去2年間ほど金融関係の仕事に就いていたので、現金照合の話とか、地獄の一丁目の話とか、「あぁ・・・わかるわぁ。」と思いながら読んだりも。

・・・今、調べましたが、『下町ロケット』という作品で直木賞を受賞されたんですね。
『下町ロケット』もすごく読みたくなります。




|

« 『ゴーストライター』を観る | トップページ | おそい夏休み ~飛騨高山周辺旅~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/52738441

この記事へのトラックバック一覧です: 『不祥事』を読む:

« 『ゴーストライター』を観る | トップページ | おそい夏休み ~飛騨高山周辺旅~ »