« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』をレンタル | トップページ | 『借りぐらしのアリエッティ』をレンタル »

2011年11月12日 (土)

『ステキな金縛り』を観る

Sutekikanashibari


笑って泣けちゃった・・・長さを感じさせない楽しい作品でした。


失敗ばかりで後がない三流弁護士エミが受け持ったのは、殺人事件の弁護。
無実を主張する被告人にはアリバイがあるという。それは一晩中落ち武者の幽霊が彼にのしかかり、金縛りにあっていたということ。
エミはその幽霊を証人として法廷に召喚し、前代未聞の裁判が始まる…果たして無罪は勝ち取れるのか?


ちょこちょこ笑えるし、(いつもの如く)登場人物全員がインパクトあるキャラクタで観ていて楽しかった。
長さは全く感じさせません。
落ち武者役の西田敏行さん、サイコー。六兵衛さん、ラブ。

ありえない事ばかりですが、シラっとせずに楽しめてしまう・・・不思議。
三谷作品だから?なのかな。

私が一番好きだったシーンは、
落ち武者ヘアのタクシー運転手とのやり取り・・・も良かった(笑えた)のだが、何といっても、敏腕検事・小佐野さん(中井貴一)が愛犬ラブちゃんと再会するシーン。
堅物の検事が一気に崩れた所に笑えたんだけど・・・それよりも、2度と会えないはずの愛犬と再会出来たって所で何だか泣けてきちゃって。(笑)
笑いながら泣けちゃったツボだったシーンです。

ラストも泣けますが、個人的には“お父さん”の登場はラストでなくてもよかったんじゃないかな~と思うんですが。でもこんなに楽しめた作品でしたから、大満足です。

それにしても隅から隅まで豪華な出演者・・・ちょっと自信がないんだけど、傍聴人席でも見た顔の芸能人がいたような。
劇場に再び足を運ぶか、DVDか、TV放送か、どれで観るかは分かりませんが、そんなところのチェックに必ずもう一度は観たいです。




|

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』をレンタル | トップページ | 『借りぐらしのアリエッティ』をレンタル »

コメント

バカバカしいとは思いながら、
つい爆笑してしまいました!
それにしても、豪華な俳優人でしたねぇー。
さすが三谷作品って感じでした。
私は、なんとなくなんですが草なぎくんのお父さん役が
なんか浮いてる感じで・・・・
イマイチ馴染んでない気がしました。
でも、あれだけ楽しませてもらったので
まあ満足な作品でした。

投稿: ルナ | 2011年11月16日 (水) 23:13

>ルナさん
・・・沢山笑えましたよね!
出演陣を見るだけでも飽きないくらいの豪華さでしたし。
お父さん役は、草なぎくんだからなんでしょうかね?
中井貴一でもお父さん役がハマりそうな気がします。
検事役もピッタリで良かったですけど。

私は笑いすぎたせいか、いいストレス解消になり、その後のランチもおいしく感じました。(笑)

投稿: aju | 2011年11月19日 (土) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/53228100

この記事へのトラックバック一覧です: 『ステキな金縛り』を観る:

» ステキな金縛り [ルナのシネマ缶]
ちょい役にまで、 深キョン、唐沢寿明、佐藤浩市 篠原涼子を起用した 豪華な三谷幸喜作品です。 深津絵里、西田敏行、中井貴一の 掛け合いもさすが!って 感じでコミカルで 楽しい作品でした。 失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、 ある殺人事件を担当することになる。 被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、 完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。 エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に 一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛... [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 23:15

» ■映画『ステキな金縛り』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
オープニングからクラシックでユーモアたっぷりの三谷幸喜ワールドが広がる映画『ステキな金縛り』。 三谷幸喜の監督第5作目となる本作は、三谷映画ならではの贅沢なキャストとたっぷりのユーモアが楽しいエンターテインメント作品です。 考えてみれば、メインキャストが幽... [続きを読む]

受信: 2012年1月16日 (月) 04:34

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』をレンタル | トップページ | 『借りぐらしのアリエッティ』をレンタル »