« 『ドラゴン・タトゥーの女』を観る | トップページ | 『ヤング≒アダルト』を観る »

2012年3月 9日 (金)

『戦場のピアニスト』をレンタル



戦争映画など観ていて辛い気持ちになるものは再度観れないと思うものの、だからこそ細かい所まで記憶に留めやすいというか印象に残る作品が多いです。

この「戦場のピアニスト」は既に観たことがあり、その時は結構な衝撃を受けて数日間引きずってしまいました。

再び観たいなと思ったのは、先月観た「おとなのけんか」で、同じ監督(ロマン・ポランスキー)作品が観たくなったから。

引きずった過去を忘れたかのような安直な理由で再見してしまいましたが、以前より引きずらなかったものの、主人公が一人になる前のユダヤ人迫害・虐殺の数々を観てると・・・言葉に詰まります。
ドイツ兵が車いすの老人を4階くらいから落とすシーンはその最たるものでした。
この後もそういうシーンは続き、その度にカフェオーナー(?)のセリフにあった「先に死んだ者の方が楽」というような言葉が頭に浮かんできました。

廃墟となったワルシャワで独り彷徨う主人公がドイツ将校に見つかりピアノを弾くクライマックスシーンも、やはり印象的です。

「好きな戦争映画は?」などという会話はしないと思うけれども、この作品は数々出ているユダヤ人迫害や戦争をテーマにした作品の中で、(やっぱり)群を抜いているので、この作品の名前を挙げるだろうと思います。
残酷な内容に“ピアノ”が加わっているから、そう思うのかな・・・






|

« 『ドラゴン・タトゥーの女』を観る | トップページ | 『ヤング≒アダルト』を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/54172569

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦場のピアニスト』をレンタル:

« 『ドラゴン・タトゥーの女』を観る | トップページ | 『ヤング≒アダルト』を観る »