« 『戦火の馬』を観る | トップページ | 4月公開の観たい映画 2012 »

2012年4月 2日 (月)

『シャイロックの子供たち』を読む


シャイロックの子供たち/池井戸潤


「下町ロケット」を読む前に池井戸さん作品を何作か読もうと思ってたけど、この作品で全作品制覇したくなりました。

池井戸さん作品は、これで2冊目です。
2作目で確信。完全にハマりました。面白いなぁ。

1冊目として読んだ『不祥事』は、会社勤めしている人なら「なんか分かるぞ」的に共感できる作品です。
会社への不満はしょっちゅうだけど、少々愚痴を吐き出したような気分になりましたっけ。

そんな風な読後感を味わえるのかなと思っていたのですが、
内容は、1話完結であるもののちょっと違う。
1つの銀行(支店)を舞台としているから1篇ごとの主人公は違うけど、人間関係は繋がりがあり、最後の方には結構な事件にまで発展してしまう「ミステリー作品」だった。思った以上の展開だったので、それがまた面白かった。

中盤の4話目『シーソーゲーム』の結末から「うわーっ」と声に出し、一気に読み上げてしまった。
この4話目が一番キテレツというか結末が衝撃だったなぁ・・・・

次も銀行モノ作品の文庫本を購入し、読み進めてます。





|

« 『戦火の馬』を観る | トップページ | 4月公開の観たい映画 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/54375227

この記事へのトラックバック一覧です: 『シャイロックの子供たち』を読む:

« 『戦火の馬』を観る | トップページ | 4月公開の観たい映画 2012 »