カテゴリー「*映画感想/は行*」の155件の記事

2012年11月27日 (火)

『friends もののけ島のナキ』をレンタル

月初の休日、明け方前に目が冴えてしまい、時間潰し的に見てしまいました。

もののけ達が住んでいる島に取り残されてしまった子供のコタケちゃん。可愛かった!
この子を見ているだけで癒される~・・・。

ただカワイイだけではなくて、ホロッとさせてくれる場面もアリで目が大変なことになりました。
が、眠れなかったストレスはすっかり消え、見終わった後ぐっすり眠ってしまいました。(笑)

今更気づいたのだけど、
山崎貴監督の作品は必ずタイトルに英名がついてその後に日本語タイトルが入るのが定番みたい。ホント、今更気づきました。(Always 3丁目の夕日とか、space battle shipヤマトとか・・・)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

『ブレイクアウト』をレンタル


ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンが夫婦役で出演し、90分台なのでお手軽に見れそうだと思って借りてみました。

全然退屈はしなかったけど、
「お手軽と思った」だけの内容でした。

犯人グループの中で一番マトモと思った男が、一番タチの悪い勘違い男だったので、それに結構イライラしてしまった。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヒューゴの不思議な発明』をレンタル

邦題に「?」と思ってしまったけど、素敵な作品だなと思います。
・・・とは思うものの、(ヒューゴが言っていた)お父さんからのメッセージというものがイマイチよく分からず、ちょこちょこ疑問点が残りました。

すみません、内容はそんな印象だったんですけど、
子役の2人が良かったです。

クロエちゃん、やっぱり今後も注目していきたい。
キック・アス、キリング・フィールズ、ダーク・シャドウ等で観た彼女とは違った普通の普通の女の子役。
普通の女の子らしい表情やしぐさ、それを見るだけでも何だか楽しかった。
まだまだ先が楽しみな子だなぁ~と今回も思ってしまった。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

『ボーン・レガシー』を観る

Bourne_legacy

ボーンシリーズが好きなので、この作品は外せません。
マット・デイモン(ボーン)は登場しないけど、配役も私のお好み揃いだし、どんな内容なのか楽しみでしたし。
「観に行かねば!必ず観に行くのだ!」と公開前から時々気合を入れてました。(笑)

ボーン以上にスゴ腕らしいアーロン・クロスが本作の主人公です。
アーロン版はボーンシリーズの3作目(ボーン・アルティメイタム)序盤とリンクして進行していきます。
彼を追う刺客もただならぬ系のスゴ腕みたいです。(不死身に近かったな)

アーロンも敵もボーン以上にスゴイのかは、ボーンが凄すぎるので、彼らがいかほどにスゴイのか比較が出来ませんです。
でも、ボーンと同じくらい?今回も間髪置かずのアクションを見せてくれます。

アクションに目を奪われて、またまた(3部作同様に)作戦とか細かい小難しい事を忘れて引き込まれてしまいましたよ・・・。

ジェレミー・レナー、アクション物がやっぱり似合います。好きだー
彼の役、アーロンは記憶を無くしたボーンよりも少しオープンなようで、人なつこいというかフランクな感じがちょっと暗殺者ぽくなくて好きですわ。(ボーンの方が好きだけど)

同名タイトルの原作もあるらしいのですが、本作も原作と同じではないようです。亡くなった原作者R・ラドラムの後を継いだ?別の人の原作らしいです。
どう違うのかはチェックしてないけど、原作のジェイソン・ボーンではマリーが存命で子供までいるから、レガシーの方もそんな感じの全く別物かもしれませんね。

TVやレンタルなどで何度か繰り返し観てますが、もしボーン検定とかあったら、トレッドストーンとは?ブラックブライアーとは?なんて問われたらスンナリ答えられないので、DVDを買ってじっくり観ようと思ってます。
(いつもそう思って観始めるんですけどね・・・アクションに集中して忘れちゃうのです)

まずはボーン3部作を揃えて見直します。

===============================
原題:THE BOURNE LEGACY
製作年:2012年
公開日:2012.09.28
上映時間:135分

監督・脚本: トニー・ギルロイ
キャスト:
ジェレミー・レナー
エドワード・ノートン
レイチェル・ワイズ
ジョアン・アレン
アルバート・フィニー
デヴィッド・ストラザーン
スコット・グレン
===============================

【追記】
この『レガシー】後って続くのかしら・・・?




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年9月30日 (日)

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』をレンタル






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』をレンタル

この続編は去年劇場にて鑑賞済。未見だった「1」をいつか見なくてはと思ってました。

結婚前ダグのお祝いで最後の独身旅行で羽目を外しにラスベガスへ向かう4人組。

見る順番が違ったせいか、「1」より「2」の方がハチャメチャで面白かったかなぁ。
「2」の印象が強くて、何だか物足りなさを感じてしまった。
(順序良く見ていたら物足りないとは思わなかったかもしれない。)

アランがカジノのカードで8万ドル超稼いだのには驚いた。
「2」でも「1」でも良い所なしのキャラクタかなと思ってたのだが、意外な才能があるのだね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

『ブラック・ブレッド』

Blackbread


[7/23]
===============================
原題:PA NEGRE
製作年:2010年
公開日:2012.06.23
上映時間:113分

監督:アウグスティ・ビリャロンガ
キャスト:
フランセスク・コロメール
マリナ・コマス
ノラ・ナバス
ロジェール・カサマジョール
リュイサ・カステル
マルセ・アラーナガ
マリナ・ガテイル
アリザ・クラウェット
ライア・マルール
アドゥアル・フェルナンデス
セルジ・ロペス

===============================


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

『プレイ -獲物-』を観る

La_proie


(これを観た時は)引越しして1週間。
まだまだ落ち着かないのに「何か映画観たいなー」という気分になったので、やる事なす事ほっといて映画館へ足を運びました。これも現実逃避かな。

現実逃避するにはハードな内容でした。

ハードな内容だから、主人公も不死身系のタフガイ。
ターミネーター並のタフっぷりでビックリ。

一番驚いたのは、あの奥さん。
彼女が片棒を担いでいるのにはビックリ。
子供好きで心優しい人っぽかったのにーー。
最後なんかまんま悪人じゃないかー。


===============================
原題:La Proie
製作年:2010年
公開日:2012.06.30
上映時間:104分

監督:エリック・ヴァレット
キャスト:
アルベール・デュポンテル
アリス・タグリオーニ
ステファーヌ・デバク
セルジ・ロペス
ナターシャ・レニエ

===============================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

『ファミリー・ツリー』を観る

The_descendants

[2012.7.23更新 : 引っ越してから約10日経過。まだまだやるべき事が山積みですが取りあえずブログ更新。]

ジョージ・クルーニー好きではないけど、結構この人主演の作品を見ることが多いです。
色んな賞にノミネートされたり受賞したりと評価が高い作品のようなので興味を引きました。

2人の娘を持て余し、妻に浮気されてしまう情けない父親役だったジョージ・クルーニーが評判通り良かったです。
渋いイメージしかなかったので、ちょっとイメージと違う役柄で新鮮さを感じちゃったのかな。

ところどころ可笑しくて、男泣き場面でちょっと同情したりもして、いい味醸し出してました。
妻の浮気が分かり、家を飛び出す所なんか、内心、
「うわー、クルーニーがあんな走り方してる!」と心トキめかせたりたりも。

あの走りっぷり、暫く忘れないと思う。個人的にツボでした。

ハワイの自然などにも心癒されたりも。

話の顛末は「そうなるだろうな」という感じで終わりますが、
ラストの親子3人の自然な様子がほっとする感じで良かったです。


===============================
原題:THE DESCENDANTS
製作年:2011年
公開日:2012.05.18
上映時間:115分

監督:アレクサンダー・ペイン
キャスト:
ジョージ・クルーニー
シャイリーン・ウッドリー
アマラ・ミラー
ボー・ブリッジス
ロバート・フォスター
ジュディ・グリア
マシュー・リラード
===============================






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

『ハンター』を観る

Thehunter

好みです。
地味&渋い系ですけど好きですわ、こういう作品。

バイオ企業に依頼され、70年以上前に絶滅したとされるタスマニアタイガーを探し出し、その生体サンプルを採取する為にタスマニアを訪れる主人公。
幻の絶滅種を見つけ出すことさえ難しい上に、仕掛けた罠を壊されたり、謎の銃声で何らかの脅威的存在を感じ、サスペンスも織り込まれています。タスマニアの大自然も存分に堪能できます。

ベースキャンプの子供と母親と家族のように触れ合いはじめ、これまで孤独に生きてきた主人公にも心の変化が表れ、最後タスマニアタイガーに遭遇した時に取る主人公の行動・・・主人公とタスマニアタイガーのセリフのない(←当然か)対峙シーンは緊張。息を呑みました。

なんですか、あのタスマニアタイガーの哀しい瞳(というか表情?)は・・・!
「たった1頭の生き残り、狩りをしながら死ぬのを待つ」と言った誰かのセリフが頭に残ります。

あと、なんなんですか、その前の起こった衝撃的な出来事は!
酷です。酷すぎです。
この出来事がなければ、最後に主人公が取る行動は変わっていたでしょうね・・・

ウィレム・デフォーも良かったです。こういう役がハマりますね。


=====================================
原題:The Hunter
製作年:2011年
公開日:2012.02.04
上映時間:100分

監督:ダニエル・ネットハイム
キャスト:
ウィレム・デフォー
フランシス・オコナー
サム・ニール
=====================================

【追記】
恥ずかしながら・・・この作品を観る前、タスマニアタイガーってトラと同じ様な動物と思ってました。(どんな動物か知らなかった)
[ タスマニアタイガー ]
ついでに・・・主人公がタスマニアタイガー探しを隠すために、タスマニアデビルを探してると嘘をつく。そのタスマニアデビルも今更ながらどんな動物か知りました。
[ タスマニアデビル ]





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧