カテゴリー「*映画感想/数字・その他*」の3件の記事

2011年7月 2日 (土)

『127時間』を観る

127h_2


自分も少なからず「死」に直面したことがあったからでしょうかね。こういう生と死を目の当たりにする作品は気になって観に行っちゃうんです。

90分台と短い上映時間ですが、体感的にはすごく長く感じてしまった。

谷間に落ち、一緒に落ちてた大岩に腕が挟まれ立ち往生・・・人の気配が全くない場所に一人で何とか腕を抜こうとするけど岩が動かない。
どのようにして脱出して、その後主人公がどうなったかまで見せてくれますが、(ネタバレになるけど)見るに耐えないシーンもあったりで結構きつかったです。

1日のサービスデーに行ったので、満席。男女比は半々くらいでした。
女性のお客さんで私と同じように「きつかった」と声にした人が多かった。

脱出は無理だと悟った頃に見た自分の将来(小さな男の子が現れたり)は、不思議な体験だなぁ・・・


【追記】
朝のTVショーを一人芝居してるシーンが(個人的に)印象深かった。
人って、途方に暮れると妙な行動に出たりするもんなのか・・・やぶれかぶれ?


【2011.8.24更新】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

『007 慰めの報酬』を観る

007


先行上映に行きそびれてしまい昨日鑑賞。

スーツ姿のボンド(というか、ダニエル・クレイグ)にクラクラしていたし、予告を観るとアクションもすごそうなので、この『慰めの報酬』を楽しみにしていたのでした。

個人的には期待していた通り、それ以上でした。
いや、ダニエルさんに惚れてしまった弱みか。フォーマル姿じゃなくても・・・全てがカッコいいと思ってしまった。
でも、やっぱりあのスーツ姿はエレガント。一瞬見惚れてしまったほど。

そして、何だか激しいアクションがずーっと続くので、観ている方も大変。(笑)
展開も小まめというか切り替わりも早かった。一体、何カ国巡ったんでしょ?
いつもだったら「ついていけない」と弱音が混じるけど、ナニゲについて行けちゃいました。

激しいアクションの連発なのに、何があっても動じずにあの無表情っぷりのボンドはスゴイ。
そんな彼は氷の男。アイスマン・・・いやターミネーターだわよ。いやいや、それともジェイソン・ボーンか。
今回の007は私が大興奮してしまうような“スーパーな男”だった
(Mをはじめ皆から非難されてたが、殺しのライセンスを使いすぎだったけど。)

個人的にこれまでの007シリーズはTV映画扱いしていたのですが、これからはちょっと・・・楽しみな映画作品となってしまったかも!
エンドロールのメッセージに期待して、またボンドの新たな活躍を観に劇場へ足を運びたいなと思っています。


【追記】
Mは置いといて・・・女性陣のこと。
カミーユのような同志的な位置づけのボンドガールっていいかも。
フィールズの扱いがちょっと可哀想すぎ。足を引っ掛けた結果が油まみれ・・・だなんて。


***************
原題:Quantum of Solace
監督:マーク・フォスター
出演:ダニエル・クレイグ、 オルガ・キュリレンコ、 マチュー・アマルリック、 ジュディ・デンチ、 ジェフリー・ライト

上映時間:106分
公式サイト
***************





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月17日 (日)

『007 カジノロワイヤル』をレンタル

007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)(2枚組)

あー・・・また感想残すのが遅くなってしまいました。
色々と観たいレンタル作があるのに、仕事も忙しくてブログもレンタル活動も出来なかったりします。変なストレス溜まり気味・・・

2週間ほど前ですが、この作品を見ました。

ノッケからアクションがすごいんですけどー!
何だかこのままクライマックスへ・・・っていうくらいな勢いのあるアクションシーンでビックリ!!

久しく007シリーズなんて見ていないので、今までどういうアクションを披露していたか忘れちゃったんですが、新ボンドってば破壊神のようなアクションっぷりを魅せに魅せてくれて、少し呆気に取られちゃいました。
ターゲットはスラリと素晴らしい跳躍で逃げてるのに、ボンドってば壁に体当たりして破壊神の如く追っかけるんですもん。

長時間の作品を見る時は(見る前から)ダレがちなんですけど、今回はボンドの破壊神っぷりや、テンポ良く進行する内容で全くダレずに見終えることが出来ました。

で、個人的には新生ボンドのダニエル・クレイグ、何気にクールで悪くないかなと思います。見る前は「どうなんだろうなぁ?」とは思ったものの・・・ちょいと次回作が楽しみかも。

ボンド・ガール役のエヴァ・グリーンの美しさは言うまでもありませんが、『ルパン』の時といい、彼女って不思議な魅力のある女性だなぁ・・・。


【追記】
オープニングのテーマソングは、ナニゲに口ずさみたくなります。




| | コメント (0) | トラックバック (0)