カテゴリー「旅行・地域」の39件の記事

2011年11月 6日 (日)

小林かいちの絵葉書・絵封筒/伊香保 保科美術館

金曜日に有給を取り、木・金・土曜と群馬の温泉めぐりをしてきました。
初日は伊香保に宿泊し、夕食前に保科美術館に足を運び、出会ったのが小林かいちの作品たち。

モダンで綺麗なストーリー性のあるイラストの数々に目を奪われました。
時間を忘れて熱心に1作品ずつ見入ってしまった。。
思ってもない場所で(正直、あまり期待していなかった)、とても良い時間を過ごました。

自分用に絵葉書セットを2点ほど買いました。(選んだのは“夜の微笑”と“蝶の嘆き”)
ホントは、本も買いたかったのだけど重いのでその日は諦めて・・・amazonで取り寄せるつもりです。

少ないけれど、何冊か作品集などの本が出ているようです。

小林かいちは、大正から昭和初期に活動した京都の木版絵師。(京都友禅の絵師でもあったそうです。)
彼がデザインした絵葉書などを版行した京都のさくら井屋という土産物屋にも興味を示し、検索してみたんですけど・・・残念。今年1月に閉店してしまったようです。

何となく4点セットの絵葉書を揃えたい気持ち。
伊香保は定期的に訪れるので、温泉以外の目的が増えました。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

珍菓 ポポ

前記事の続きです。
高山の陣屋朝市に行ったら、珍しい果物がありました。
知っている人は知っている。でも知らない人がほとんどと思う・・・「ぽぽ」という珍しい果物です。

Cimg2923

正しくは「ポーポー」。(英語だと Pawpaw)
香りはマンゴーのような甘い感じ。
皮をむくと薄い柿色のような実で、
食べると甘くとろけるクリーミーさで 美味しい!!

味見して気に入ったものの、足が早いらしいので最低限の数を買おうと思い「大を4つ(家族分)下さい」と言ったら、おばあさんがソフト気味な口調で「千円出しな」と返ってきた。

おまけするからさ・・・という追加文句に釣られ、千円払いました。
結局、包みをあけたら大きいのを4つ多く入れてくれたので、大変お得な買い物でした。

このポポ、ネットで調べても珍しい果物とされていて、店頭で手に入るとしても1個千円で売られているとか。
それはちょっと手がでないけど、癖になる果物です。

クリーミーな実の中には大きな黒い種がたくさんありました。
寒い場所でも強いらしいので、ダメ元で埋めてみました。

・・・もし、芽が出て木になり、実ができたとしたら、
ポポ三昧できるわー。( ̄ー ̄)ニヤリ






| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそい夏休み ~飛騨高山周辺旅~

先々週のジャニスモードはいつの間にか解けてしまい、
先週台風があったあたりに夏休みを取り、飛騨高山周辺を旅してきました。

平湯温泉
五箇山・白川郷
飛騨高山
下呂温泉

を回って、「高山でお土産を買って帰宅」の予定が最後にまた飛騨高山に1泊。
台風でバスも電車もすべて止まって身動きとれずの延泊でした。
暴風雨ではなく普通の雨だったので「普通に帰れるだろう」と甘くみてました。でも、「また泊まりたい」と思った高山の旅館に再び泊まれたのでヨカッタ。

白川郷は一度は行っておけ感がある所で、一番は雪の季節が良さそうだけど、夏の終わりの白川郷もヨカッタです。なんだか、あの田舎風景に癒されました。

Cimg2807


飛騨高山の「古い町並み」、
「東山遊歩道」は散策し甲斐あります!

Cimg2910_2
朝6:00頃の古い町並み。
朝市へ行く前に寄ってみました。
ウォーキングしてる人と数組すれ違ったけど、この場所は人っ子一人いませんでした。
日中とは違う誰もいない古い町並み散歩もヨカッタ。

高山ラーメン、飛騨牛、朴葉味噌、お漬物・・・
食事もおいしかった。
いい旅ができたかどうか、ここで5~6割決まるもの。

お酒もおいしい。
ビール派だけど、ビールよりも冷酒を好んで呑んでしまった。
「久寿玉」という銘柄が好き・・・・・・私も本格的に日本酒にハマりそうだ。


ひとつ心残り。
㈲いわきさんの早蕨(さわらび)を買い忘れた。(わらびもちです。)
今のシーズンは“飛騨りんご味”も置いてあったので、ノーマルver.と併せて買おうと思ったのに・・・あぁ。


個人的には台風のことは全然気にも留めてなく、
「違う季節に再び訪れたい」と思ってます。春がいいかな・・・

4泊5日と長い滞在でしたが、のんびりできていい旅でした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

安曇野&松本へ

カレンダー通りの連休スケジュールになるんですが、最初の3連休に安曇野と浅間温泉(と松本)に行ってきました。
行き慣れている松本ですが安曇野は初めてで、今NHKで放送されている「おひさま」の舞台になっているし、松本もこれから公開となる映画「岳」や「神様のカルテ」のロケで使われたそうなので、のぼりやポスター等々で結構賑わってました。

とはいえ、GWのわりには人が少なく、散策はしやすかったです。

安曇野は何だか素朴な雰囲気があり、自転車で散策するのが良いようです。
大王わさび農園、穂高温泉郷、焼きたてパン屋さん、ステキなカフェも点在していて自転車で回って4時間・・・ちょっと時間が足りなかった。

20110429_cimg2684

新宿から穂高(安曇野)まで、特急あずさで約2.5時間。
思ったより近い感じがしたので、また再び訪れようと思ってます。

水が違うんでしょうかね、やっぱりお蕎麦も美味しかった。

それから、これで4度目?くらいの松本も、リピートしたいお店を見つけたのでメモ。

【memo : リピートしたい松本のお店】
Ristoro Cocteau's
 (1,000~1,600円のランチ。連日通いくらい気に入った!)
ビストロ サンチーム
 (松本市美術館内のレストラン。思いの外、ケーキが美味しかった。)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

草津温泉 と 地球屋(のドーナツ)

今年2回目の草津温泉です。
硫黄泉が結構きついので、この時期からお湯に浸かると湯上りには手の内側が少しカサッとというかモサっとした感じがする。
でもお湯はいいので結構好きです。

紅葉の方は既に終わってしまっていて、通り過ぎただけの八ツ場ダムの辺り(吾妻峡という所)の紅葉は丁度見ごろで目の保養になりました。

草津や伊香保(榛名)に行く際に立ち寄るお店があります。
地球屋というお店。
メインはつるし雛の材料の古布ハギレや服などを売っているんですが、お菓子が美味しいんです。

中でも去年あたりからから販売開始となった「焼きドーナツ」のファンです。
都内の焼きドーナツを数店舗食べ比べたけれども、どのお店よりも好みです。

草津店の方はドーナツお持ち帰り対応をしてなかったんですが、今回聞いてみたら在庫があれば対応しますとのことだったので、お持ち帰りしました。

\120~\350くらいまで色々あり、個人的には\150台のドーナツに好きなモノが多い。
「塩トマト」「イチジク」等々・・・久しぶりにHPをチェックしたら 焼きドーナツのページ があった!

伊香保(榛名)店はお取り寄せも出来るので、たまに電話して注文してます。

ドーナツの他にもケーキ・クッキー・焼き菓子があり、全制覇してないけどハズレはないだろうなと思う。
ニュートンのなんとか(ど忘れ!)っていう林檎ケーキもお気に入りです。


ついでにお茶して帰りました。
落ち着いた雰囲気でお茶が出来ます。

20101114_cimg2672_2
ここから階段を上がって、
↓の建物に入った奥に喫茶室があります。
20101114_cimg2671





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

チーバくん、(まだまだ)ラブ。

千葉国体キャラクタのチーバくん、好きです。
(千葉県民ではないけど、大好きです!)

既に国体は終わって、あとは10月下旬にある全国障害者スポーツ大会となりますが・・・大会が終わっても、それで消えてしまうのは勿体ないくらいのキャラクタです。

いっそのこと、千葉県のキャラクタにしちゃえばいいのに。
横向きチーバくんは千葉県まんまの形をしているんだから、勿体ないよ・・・。

春先にチーバくんを知り、ひと目で惚れてしまったのは横向きチーバくんが千葉県まんま形ということ。
というか、チーバくんの舌までもが千葉を表わしているという細やかさ!(その部分は浦安なのだ)

今更ですけど、急にグッズを沢山買いたくなって本日色んなグッズを買ってきてしまいました。

人に頼んで買ってきてもらったクリアファイルしか持っていないので、何故だか今日爆発的にチーバくんグッズが欲しくなって・・・千葉へ。
色々と・・・悔いの無いくらい買ってきました。満足。

ロフトで買うと、ギフト用にこういうタグをつけてくれます。
「自宅用」って言ってしまったので、会計を済ませてから1つ頂きました。

Chbkun

ホント、国体キャラクタだけじゃ勿体ないんだけどな・・・。

チーバくん、ラブ!!


===================
チーバくんの部屋

こちらで知りました。
suicaペンギンのデザイナーさんと同じ人がチーバくんを!!

・・・なるほど。さすがです!

改めて叫んでやるっ。
「チーバくん、ラブ!!」
====================



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月23日 (木)

木曽路を歩く(3日目木曽福島&奈良井宿+上諏訪)

前記事の続きです。


《3日目》
木曽福島(福島宿)と奈良井宿散策
上諏訪温泉泊:高島城を見る+諏訪湖散歩


木曽福島
前日、疲れてるのに(木曽福島宿泊者対象の)ナイトツアーに参加。
翌日午前中に散策した時とは全然雰囲気が違っていて、日中の散策よりおススメかなと思います。
写真は日中散策のものしかありませんが・・・

20100918_cimg2538
20100918_cimg2545
古民家イタリアン・松島亭とか和食の肥田亭が気になる・・・

あとここ。10月24日に放送されるという『ビフォー・アフター』で紹介される古民家。
20100918_cimg2554
名前を忘れてしまった。
そこら辺はTVを見てから、追記しましょう。
ナイトツアーに参加していなかったら、こんな情報知らずに終わってましたよ。

そして、奈良井宿へ。
木曽福島から電車で20分ほどで到着です。


奈良井宿
木曽路の宿場街の中で一番大きく賑わったとのこと。

20100918_cimg2563

20100918_cimg2566

今日のお昼はゆっくりとお蕎麦御膳を頂きました。
それにしても昨日今日と暑くて汗ダクダクです。気温は26度。

木曽の大橋を拝んで、上諏訪へ向かいます。


上諏訪
15:00頃には上諏訪へ到着。JR駅に足湯があったので、5分ほど浸かりました。
20100918_cimg2596

高島城&諏訪湖散歩
前日の木曽路ウォークで筋肉痛がスゴイのだけど・・・
せっかくだから、高島城へ。
中を見学するけど、中はお城のそっけもない。
20100918_cimg2600

丁度この日と翌日、お城のライトアップをするそうだ。(18時~21時まで)
筋肉痛だけど、また改めてライトアップされた高島城へ。
20100918_cimg2651
水面にもライトアップされたお城が映ります。

この日も22時には就寝。熟睡。
筋肉痛はこの後2日(合計3日)も続きました。

何だか声を掛けられることが多かったので、ひとり旅の寂しさは全く感じなかったです。

メインの馬籠宿~妻籠宿、木曽路ウォーク(ハイキング?)はヒーヒー言いながらで日頃の運動不足を痛感。
個人的には少々そんな自分に不甲斐なさを感じたので、またリベンジしたいです。
でも、ひとり木曽路ウォークは危なげと思ったので、リベンジする時は2人以上で歩きます!(^_^;)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

木曽路を歩く(2日目木曽路ウォーク)

前記事に続いて木曽路旅です。

木曽路は、中山道(江戸から京都まで)の距離のうち6分の一を占め、11の宿場があります。
今現在でも宿場情緒溢れる風景が見られ、心和みますよ。
宿場散策だけでは物足りない気がするので、宿場から宿場まで歩いてもみました。

《2日目の行程》
松本→(岐阜県)中津川へ電車移動。
中津川→馬籠宿までバス移動、
馬籠宿→妻籠宿→南木曽駅まで徒歩にて移動。(約4時間)
 ↑これが今回の旅の目的です。
木曽福島泊(ナイトツアー参加)

①帰り時間から逆算して、11:50馬籠宿を出発。
(今思えば、もう1本早いバスに乗った方が良かった)
20100917_cimg2346

軽い上り坂。
あぁ、いい感じの宿場風景いろいろ。。
20100917_cimg2350
20100917_cimg2355

20100917_cimg2360
20100917_cimg2361

昨日とはうって変わって快晴。
のんびりと散策。
20100917_cimg2364_3

最後のお店(蕎麦屋さん)辺り、ここからがハイキングコースの始まりのようです。
・・・歩いてく人、全然いません。
歩く人、多いって聞いてたのに。Σ( ̄ロ ̄lll)
20100917_cimg2370

止めようか迷ったが、景色の良さに負けて続行。
こんな景色を見ながらスタート。
20100917_cimg2374_2


②馬籠峠頂上 (13:06)
20100917_cimg2405


③男滝・女滝 (13:50)
20100917_cimg2431_2
20100917_cimg2433

木曽路っぽい。けど、ちょっと寂しい・・・。
20100917_cimg2408
20100917_cimg2411

---

大妻籠 (14:25)

---

④ ・・・やっとこ妻籠宿。(14:50)
20100917_cimg2477_2

20100917_cimg2491_2

20100917_cimg2492


昼食まだなんです!
お蕎麦をゆっくり食べたかったのだけど、
時間がない・・・ので、「おやき」のわちのやさんへ。
20100917_cimg2483

20100917_cimg2484

・・・ここのおやきは生地がフワフワしていて重くない。空腹気味だったこともあり、とても美味しい!
冷たいお茶を頂きながら、少しお店のおじさんとお話。
のんびり話をしたいけど時間がない。

お土産用にもお買い上げ。クール宅急便で親宅配送。
(「今までで一番美味しかったよ!」と評判でした。)

2個目のおやきは歩きながら食べました。
16:00南木曽発特急に間に合うか!15:15頃妻籠宿を出る。
20100917_cimg2506
20100917_cimg2507
・・・歩け、歩け!
ちょっと早歩き。だけどお尻辺りが既に筋肉痛気味。
ペースは遅い。

20100917_cimg2517
あと1.2km(15:40)

20100917_cimg2521
⑤・・・間に合った。15:53南木曽(なぎそ)駅到着。

②の時点で汗だくだくでしたが、もう汗だくだく+お尻とふくらはぎが筋肉痛。
3時間行程で充分だと思ってたのに、大誤算。
4時間掛かりました。

この後、木曽福島のお宿に宿泊。
お宿の方(20代後半くらいの女性)とお話した所、
「3時間行程はキツイ!4時間が普通ですよぅ!」とのこと。
スローペースかと思ったのだが、普通のペースだったみたい。

結局時間が足りず、色んなお店を見れずに終わってしまった。
そこが心残りでもあるので・・・また必ずここを訪れようと思いました。ひとり歩きは(ここは)ちょっと怖いので、今度は誰かを誘って行かないと。

温泉につかってのんびり・・・のつもりでしたが、
筋肉痛を感じても(せっかくだからと)木曽福島ナイトツアーに参加。
木曽福島の夜はライトアップされるので、昼の散策より夜の散策が断然良いです!


【追記】
中山道木曽路 観光絵マップにある行程時間と比較。

①12:20 馬籠宿のはずれ (--:--)
②13:06 馬籠峠頂上 (13:00)
③13:50 男滝・女滝 (13:40)
④14:50 妻籠宿入口 (14:30)
⑤15:53 南木曽駅 (15:30)

カッコ内がマップに書かれている所要時間に合わせた時刻。
・・・大体、こういう案内は余裕を持っているいるものと勝手に考えてた為、-30分で行けるなと思ってしまったのがイカンかったです。
予想よりも40分以上も多く費やしてしまった。(お陰でお昼をゆっくり取れなかった)

次回は余裕を持って臨みたいデス。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

木曽路を歩く (1日目松本)

なんだか・・・2・3週間前に急に思い立ち、木曽路を旅してきました。

今回の旅は、本格的なひとり旅です!
食事の時はちょっと寂しいけれど、色んな意味で“気が楽”になり、完全に会社や諸々を忘れてリフレッシュできました。(ひとり旅、いいです。)


3泊4日でこんな風に回ってみました。
《1日目》長野県松本市内散策
     +浅間温泉泊
《2日目》木曽路(馬籠宿~妻籠宿~南木曽)を歩く
     +木曽福島泊
《3日目》木曽福島(福島宿)と奈良井宿散策
     +上諏訪温泉泊
《4日目》上諏訪→東京(帰途)

いきなり思い立たなかったら・・・もっと無駄のないスケジュールが組めたと思うんですが、泊先は何となく適当。地図をパパッと見て、目に留まった場所から選んでしまった。

1日目の松本は木曽路を歩く目的だけなら不要なんですが・・・定期的に遊びに行く場所なので今回もと思い、1日だけ立寄りました。(今回は目的が別なので、ただ泊まっただけ)

で、特に予定はないので初めて入ってみました。
国宝4城のひとつ松本城。
20100916_002
意外や意外。中はとても傾斜のある階段で驚いた!上るのが大変。
当時の人々は(戦時ではなく平常時は)どんなカッコで松本城の階段を上ったのかな・・・。

結構な雨降りだったし、ひとり旅ゆえ、すぐに浅間温泉へ移動して温泉三昧。
お夕飯、馬刺し美味しかったー!
馬刺しラブ!

前日まで寝不足だったので、22時に就寝&熟睡。
翌日は旅のメイン木曽路ウォーキングです。
(・・・木曽路、侮ってました。)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

湯宿温泉 & 藤岡温泉

久しぶりに温泉地メモを。

どちらも群馬の温泉です。

月イチ温泉という目標じみたノルマをこなそうとすると、どうしても関東圏内になってしまう。
たまには九州とか遠くの温泉地へも行ってみたいけど。
遠くよりも近くの月イチ温泉。やめられぬ。
毎週末でもいいくらい。
理想は連泊、1週間くらいの間のんびりと・・・なんだけど勤め人ゆえ無理無理。

そんな月イチ活動をしていたお陰で、好みの泉質が攫めてきたようです。

湯宿温泉は2年ぶり。
人っ子一人いないので、ひなびた度合いが私好み。
そしてお宿のご飯がとても美味しいのです。(お米のせい?炊き方のせい?)
お湯はフツーかな・・・無色透明ので、湯上りは若干しっとりする感じ。


湯宿の次は、藤岡温泉という所へ。
ここは今回初めてだったんですが、泉質が気に入ってしまった!
ぬるぬるっとした感触なアルカリ泉でとてもphが高いらしい。(湯上り肌もお手入れいらず!)

美人の湯って呼ばれる所はアルカリが高いが故らしい・・・

同じく群馬県内に小野上温泉というところがあり、そこもぬるっと温泉。
ぬるっと度はこの藤岡温泉の方が上。
・・・また連泊で浸かりに行きたい。
周りが何もなさすぎなので、「なんにもしない」をするにはうってつけ!

今月は、アルカリ泉は私好みってのが分かったのが収穫かな。

アルカリ温泉で一番気になっているのは埼玉の都幾川温泉 旅館とき川という所。
日帰り2組様限定の温泉。
泊まる方が好きなので後回しになってしまうけど、いつか行ってみたい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)